スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校のひろばに執筆しました

 「高校のひろばvol72」に「知って欲しい!新聞奨学生の労働実態」として、
2ページほど執筆させていただきました。
新聞奨学生制度に応募する多くは高校生です。
新聞奨学生制度そのものを批判はしません。
むしろ、貧困層に育つ子どもにとっては最後のセーフティーネットという面もあります。
しかし、実際の運用面では多くの問題点をはらんでいるのも事実です。
是非、高校の先生方に学生を守る努力をお願いしたいと思っています。

高校のひろば Vol.72高校のひろば Vol.72
(2009/06)
日高教・高校教育研究委員会

商品詳細を見る

高校のひろばvol72
スポンサーサイト

 現在発売中の週刊プレイボーイに新聞奨学生の記事が、
「高校のひろば」に私の執筆したものが掲載されました。
手にとってご覧いただければ幸いです。

・週刊プレイボーイ6/22号「新聞拡張員がハマった『平成のタコ部屋』ルポ」
・高校のひろばvol72 話題あれこれ「知って欲しい!新聞奨学生の労働実態」

週プレ2009.6.22

年越し派遣村閉村

 2008年大晦日から2009年1月5日まで日比谷公園で行われた、年越し派遣村が終了しました。管理人もボランティアスタッフとして大晦日、2日、5日と散発的にですが参加させていただきました。
 インターネット掲示板やブログ、mixi日記などではこの「年越し派遣村」について賛否両論のようですが、それはさておき今回はメディアの力のすごさを目の当たりにしました。年末年始にイスラエルのガザ侵攻を除いては大きなニュースがなかったことと、「派遣切り」のニュースの視聴率、聴取率が好調なことなどが合わさり、ほとんどの番組においてトップ項目で扱われていました。
 当初は200人の収容を想定していましたが、報道を観て訪れた方が飛躍的に増えキャパシティをあっという間に超え、それを見た政治家も放って置くことはできないと思ったのでしょう。自民党から大村厚生副大臣、民主党管直人代表代行、社民党福島瑞穂代表、共産党志井和夫委員長、新党日本田中康夫代表など野党はトップが視察に訪れ、あっというまに厚生労働省も講堂を解放し、村民を受け入れ、現在も東京都などが支援を表明しています。楽観視はできませんが、政府や自治体が動き出したので一安心といったところでしょうか。

 ただ、私たち新聞奨学生の被害実態は新聞がとりあげることはありません。資本関係にあるテレビ局も同様です。「新聞奨学生」とYahooのブログサーチで検索しても、このブログは引っかかりません。年越し派遣村は報道陣であふれそれらを味方につけましたが、私たちにはそれができないことを改めて認識し少しつらくなりました。

派遣村で厚労省が動き出す

 ボランティアで参加している年越し派遣村で正月にもかかわらず厚生労働省が動き出しました。人の力、メディアの力というのはすごいものだなというのを実感しました。新聞奨学生も力を合わせて政府や新聞社を動かしていければいいな、と思いました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090102-00000044-jij-soci
「声届いた」「月曜以降は…」=喜びと不安-講堂開放の「派遣村」・厚労省

朝まで生テレビ

 新年の朝まで生テレビに管理人が参加する反貧困ネットワークの方々がパネラーとして参加します。ぜひご覧ください。

激論!2009年”崖っぷち”ニッポン
~脱・貧困!ドーする?!経済・雇用危機~

拡大する世界同時不況!
米上院、ビッグスリー救済法案否決!
ギリシャ発、欧州に広がる若者デモ!
世界のトヨタ、下半期1000億円の赤字?!
ソニーをはじめとする相次ぐ大規模リストラ!
国内では、雇い止め、派遣切り、相次ぐ内定取り消し!
果たして、09年の国民生活はド~なる?!政・官・業はド~する?!

今回の「朝まで生テレビ!元旦スペシャル」では、不況対策、雇用問題の実情の検証を入り口に、喫緊の対策はどうあるべきか、中・長期的には日本の産業構造、雇用形態、社会保障をどうするのか、そして、希望の持てる社会をどう構築するのか、その為に政治は何をすべきか・・・等を各界の論客をお招きして徹底討論します。




司会: 田原 総一朗
進行: 長野 智子・渡辺 宜嗣(テレビ朝日アナウンサー)
パネリスト: 大村秀章(自民党・衆議院議員)
高木陽介(公明党・衆議院議員)
枝野幸男(民主党・衆議院議員)
辻元清美(社民党・衆議院議員)
穀田恵二(日本共産党・衆議院議員)

青木信明(エムケイ代表取締役社長)
雨宮処凛(作家、反貧困ネットワーク副代表)
猪瀬直樹(作家、東京都副知事)
小川仁志(哲学者、徳山工業高専准教授)
河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)
建入ひとみ(経営コンサルタント)
龍井葉二(連合・非正規労働センター長)
水野和夫(三菱UFJ証券チーフエコノミスト)
堀紘一(ドリームインキュベータ会長)
山口素明(フリータ-全般労組副委員長)
湯浅誠(NPO法人「もやい」事務局長)
渡邉美樹(ワタミ取締役社長)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。