スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の新聞奨学生カフェのお知らせ

 新聞奨学生カフェを開催いたします。
新聞奨学生SOSネットワークの活動に共感していただける
現役新聞奨学生、OB・OGなど関係者の方、
お気軽にお越しください。

*****以下転送・転載歓迎*****

新聞奨学生カフェ

日時 2011年10月16日(日)13:30~(途中参加、退室可)
場所 中野桃園会館小会議室C(東京都中野区中野3-35-1)
会費 500円(軽食、飲料購入のため)
当日連絡先 090-8358-6091
主催 新聞奨学生SOSネットワーク

◆新聞奨学生カフェとは
新聞奨学生や経験者、興味のある人が集まり、お菓子や軽食をつまみながら適当におしゃべりをしています。
予約などは必要ありません。気軽にお越しください。

◆注意事項
・新聞奨学生SOSネットワークの活動趣旨に反対される方の参加はお断りいたします
・色々な立場や考え方の方々が参加されます。節度を持った言動をお願い致します。喧嘩や人間関係のトラブルの原因となるような発言、立ち振る舞いはご遠慮ください
・宗教、政党、団体などへの勧誘、商目的での参加はご遠慮願います
・未成年者の飲酒・喫煙は法律で禁止されています。その場でご退場いただきます
・会場内は禁煙です。喫煙される方は携帯灰皿をご利用の上、屋外でお願いします

*****ここまで*****
スポンサーサイト

コメント

新聞業界 よもや話

新聞購読者、広告収入激減というダブルパンチに直面し、落日の時を迎えつつある新聞業界。社会の公器としての使命もかなぐり捨て、販売店に押し紙をし、発行部数を水増しし、スポンサーを騙し続けている。
新聞業界には、編集と販売という柱があるが、特に販売に関しては社会の闇と言っていい部分がある。販売の現場に携わっているものは痛感しているのではないだろうか?
その闇を綴ってみたいと思うのである。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。