SLAPP

 6月26日は阿佐ヶ谷の「Asagaya/Loft A」で行われた「古木杜恵の『闘う!居酒屋』第8夜~ オリコン裁判を糾す! ~」を観に行ってきました。新聞奨学生をはじめとした新聞販売問題を中心に活動するジャーナリストの黒藪哲哉氏が出演するという情報を頂いたからです。
 テーマは「SLAPP(スラップ)」。SLAPPとはStrategic Lawsuit Against Public Participationの略で日本語で言うと「恫喝訴訟」のことです。その目的は裁判に勝つことではなく、相手を精神的、時間的、金銭的に追い込むことです。
 烏賀陽弘道氏はオリコンに、黒藪哲哉氏は読売新聞社にその「SLAPP」を起こされていると言われています。黒藪氏は読売新聞社にとって都合の悪い「押し紙」や「新聞奨学生過労死事件」の記事を書き続けてきました。読売新聞社が起こした裁判はその意趣返しである、という見方が大勢のようです。
 今回のトークショーは我々にとっても、他人事とは思えませんでした。

マイニュースジャパン
読売が「押し紙」報道のジャーナリストを突然提訴 主宰サイトの表記に名誉毀損で2200万円請求
読売が販売店潰し 法務室長が改廃通告、翌朝から新聞供給停止

古木杜恵の「闘う!居酒屋」第8夜~ オリコン裁判を糾す! ~

 ヒットチャートで知られるオリコンが、月刊誌『サイゾー』(06年4月号)の記事で、フリージャーナリストの烏賀陽(うがや)弘道氏がオリコンのヒットチャートの信憑性を疑問視するコメントを提供したことを、事実無根の中傷であるとして、雑誌編集部ではなく烏賀陽氏個人に対し、5000万円の損害
賠償訴訟を起こした。
 4月22日、東京地裁は烏賀陽氏に100万円を支払うよう命じ、また、オリコンの訴訟そのものを違法とした烏賀陽氏の反訴も棄却。個人に的をしぼっての高額訴訟は異例であり、訴訟に名を借りた言論封じといわざるを得ない‥‥。

【出演】古木杜恵/鳥賀陽弘道(フリージャーナリスト/オリコン裁判被告・反訴原告)/
ほか交渉中

OPEN 18:30 / START 19:00
¥1,500(飲食代別)<当日券のみ>


スポンサーサイト

コメント

トラックバックありがとうございます。先日、出版労連でのフリーランス関係のシンポで発言されていた方かと思います。今後も活動に注目しています。

 コメントありがとうございます。まだ人前で話すのに慣れておらず、まとまりのない発言でお恥ずかしい限りです。応援よろしくお願いします。
非公開コメント