子供の貧困フォーラムを終えて

 12.7に行われた下記「なくそう!子供の貧困 市民フォーラム」が無事終了しました。
元新聞奨学生の立場として実態の告発と「子供の貧困」という切り口から
「教育機関の積極的な労働問題への関与」と「義務教育段階での権利教育」を提案しました。

 私がまだ公の舞台でしゃべるのになれていないというのもありますが、
被害者は自分の話しをされることを嫌う傾向があり、
その背景までしゃべることはまだまだ難しい状況にあります。

 社会にこの問題に興味を持ってもらうにはまだ乗り越えなければならない
課題が多いと感じた集会でした。


いっしょに「私たちの基本提案」をつくりませんか?

 子どもの貧困は、待ったなしの緊急課題です。子どもの貧困への社会的関心が急速に高まり始めている今、さまざまな立場の人たちが集い、実態を共有し、語り合い、政策的課題を明らかにする市民的な議論の場をもちたいと思います。子どもの貧困をなくし、どんな子どもたちにもしあわせな人生のはじまりを保障するための「私たちの基本提案」をいっしょにつくっていきませんか? そして、事実を明らかにし先駆的なとりくみを共有し合うために、『子どもの貧困白書』をつくりたいと思います。 
 ただいま、次のとおり、「なくそう! 子どもの貧困市民フォーラム」を企画しています。子どもにかかわる幅広い立場の方々、若い世代のみなさん、お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご参加ください。

「なくそう!子どもの貧困 市民フォーラム」
   呼びかけ人 浅井春夫・松本伊智朗・湯澤直美

2008年12月7日(日) 開場12:30 開会13:00~17:00

会 場 :立教大学池袋キャンパス9号館2階・大教室
アクセス:池袋駅より徒歩13分



地図拡大

参加費:(可能な方より)1000円(学生無料)

参加申し込み・お問い合わせ〈当日参加も可能です〉
 件名に「市民フォーラム申し込み(または、問い合わせ)」と明記し、必要事項(1.お名前、2.ご所属〈お立場〉、3.お住まいの都道府県、4.電話番号)をご記入のうえ、メールまたはファクスにて、下記宛てお送りください。特に参加票は発行いたしませんので、当日、会場にて受付・お支払いをお願いいたします。

メールアドレス kodomo_hinkon@yahoo.co.jp 
TEL 03-5818-1177
FAX 03-5818-1179(明石書店:三輪)



プログラム(予定)

第 I 部 各地からの報告

・沖縄:家族の崩壊と子どもの暮らし
  /加藤彰彦(野本三吉)さん(沖縄大学教授)

・北海道:子どもは未来を描けるか―高校から見る子どもの貧困
  /大澤真平さん(北海道大学大学院)

・大阪:理不尽な子どもの無保険
  /寺内順子さん(大阪社会保障推進協議会事務局長)


第II部 子どもの貧困をなくす市民審議会

・教育や福祉など多分野からの実態レポート +「私の提案」
  /高橋亜美さん・自立援助ホームスタッフ
  /片野清美さん・エイビイシイ保育園
  /小野川文子さん・特別支援学校寄宿舎指導員
  /板垣友圭梨さん・あしなが育英会大学生
  /村澤潤平さん・元新聞奨学生
  /岡村稔さん・奨学金の会
  /鈴木敏則さん・定時制高校教員


まとめ 『子どもの貧困白書』づくりの提案







青木 悦/ジャーナリスト
青木 紀/北海道大学
阿部 彩/国立社会保障・人口問題研究所
石井 小夜子/弁護士
岩川 直樹/埼玉大学
宇都宮 健児/弁護士・反貧困ネットワーク代表
小山内 美江子/脚本家
落合 恵子/作家・クレヨンハウス主宰
加藤 彰彦(野本三吉)/沖縄大学
川崎 二三彦/子どもの虹情報研修センター
久冨 善之/一橋大学
後藤 道夫/都留文科大学
斎藤 貴男/ジャーナリスト
佐藤 学/東京大学
汐見 稔幸/白梅学園大学
志水 宏吉/大阪大学
芹沢 俊介/評論家
田中 孝彦/都留文科大学
坪井 節子/弁護士
中西 新太郎/横浜市立大学
長倉 洋海/写真家
中嶋 哲彦/名古屋大学
野田 正人/立命館大学
平湯 真人/弁護士
広岡 智子/子どもの虐待防止センター相談員
古田 足日/児童文学作家
本田 由紀/東京大学
水島 宏明/テレビディレクター
森田 ゆり/エンパワメント・センター
湯浅 誠/NPO自立生活サポートセンターもやい事務局長
渡辺 久子/児童精神科医


(五十音順・敬称略)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント