スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ局と新聞社の体質

テレビ局の「下請けいじめ」是正へ=ガイドラインを策定-総務省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000193-jij-pol

 テレビ局の番組制作会社への下請法違反の是正ガイドラインを総務省が策定した。
新聞社と新聞販売店もこの両者と関係が似ている。

 弱小の販売店は発行本社に逆らえず「押し紙」と呼ばれる発注数を超えた売るあてもない新聞紙を押し売りされ、それを断ると契約を解除されてしまうことすらある。

 そしてその経営を圧迫された分が、最も立場の弱い債務労働者の新聞奨学生に集約されるという現状がある。

 もちろんそれが全てではないが、新聞社の下請いじめの体質を改善させないと、新聞奨学生制度の問題は解決できないだろう。

 新聞発行業務も総務省の管轄である。テレビ局の問題とともにしっかりと取り組んでいただきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。