スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記事】時給5百円未満!朝日新聞販売店の奨学生

 新聞販売問題を中心に追っておられるジャーナリストの黒藪哲哉さんが、新聞奨学生の告発記事を書かれました。朝日新聞の販売店で働いていた中国人留学生の待遇についてです。

時給5百円未満!朝日新聞販売店の奨学生、韓国ブローカー2万円“ピンハネ”で
黒薮哲哉
08:50 03/07 2009

中国人新聞奨学生らが在籍するMANABI外国学院のパンフレット。 外国人らは、夢を背負って来日するが・・・・。国際交流に搾取が介在していいのだろうか?

 中国人を新聞奨学生として受け入れている東京都内のASAが、韓国のブローカー(仲介業者)に、「学生管理費」の名目で1人あたり月々2万円を振り込んでいることが分かった。その結果、この青年の手取り給料は月5万5000円に。時給にすると500円未満で、東京都が定める最低時給をはるかに下回るほか、ピンハネ行為は中間搾取を禁じた労基法にも抵触する。不祥事や犯罪が絶えない新聞販売の現場に、優秀で「激安」な人材を海外からリクルートせざるをえない新聞業界の苦境がかいま見える。
【Digest】
◇奨学生は「金の卵」
◇留学斡旋業者を通じて来日
◇問題のFAX文書
◇(株)EARH LING
◇「中国青年堂」の口座へ
◇不透明な新聞社との関係

(続きはMy News Japanで)

 これまでの好況下の中では専業(販売店正社員)、新聞奨学生ともに応募者が少なく、外国人留学生の新聞奨学生が増加傾向にあったようですが、言葉の壁や奨学生の弱みに付け込んだ悪質な行為もうわさで耳にすることもあります。外国人研修生の問題が取りざたされていますが、新聞奨学生においてもそれに近い実態があるようです。
 
 昨今の不況で販売店の担い手不足の問題に関しては解決しつつあるので、今後外国人新聞奨学生は減少する可能性もありますが、解決に取り組んでいきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

奨学金・家賃も給与と見なされますので、最低賃金法には違反していません。
ただ、まともじゃない経営者が多いのは事実です。新聞奨学生はお薦めできません。どうしてもというなら日経です。逆に毎日だけは辞めた方が良いでしょう。

最低賃金に関して

 コメントありがとうございます。支給される奨学金に関しては、給与とみなされていないようです。近年、新聞奨学生の給与が若干上がっているのですが、これは最低賃金法の改正により、上げざるを得なくなった結果であると、知人の所長さんから伺いました。
 ただ、たしかに奨学金は多額ですので、最低賃金のことを中心にして語るとことの本質から外れてしまうと思います。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。