スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一橋大学で講演を行ないました

 一橋大学で新聞奨学生の問題について講演を行なってきました。学生をはじめ、労働組合の関係者、マスメディア、元新聞奨学生など幅ひろくお集まりいただき、これまでに関わった新聞奨学生のトラブルの事例を中心にその構造などのお話をさせていただきました。

 なかには良心的な販売店までもが、同様の目で見られることを危惧する意見もありました。私たちもこの意見に私は異を唱えるわけではありません。全ての新聞販売店が募集パンフレットや労働法を無視しているわけではありませんし、この制度自体を批判しているわけでもありません。販売店経営者の中には採算を無視して、本当に学生が学業に集中できるような環境を整えて下さる方もおられますし、むしろ学資政策が貧弱な日本においてこの制度は必要不可欠なセーフティーネットだと考えています。

 ただ、あまりにも運用面で本社及び奨学会のずさんさや、一部の悪質な販売店の行為が、新聞奨学生を苦しめていることもまた事実です。

 意見に関しては今後の活動に役立てさせて頂きたいと考えています。

 今後も新聞奨学生SOSネットワークは、本社・奨学会・販売店、ならびに学校に対しても制度の運用面の見直しを強く訴えて行きたいと思います。

情報提供、ご相談、講演・執筆の依頼は
新聞奨学生SOSネットワーク 
メール syogakusei110@gmail.com
ブログ http://syogakusei110.blog32.fc2.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。