スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反貧困ネットワーク選挙目前イベント

マニフェストばらまき過熱 問題は財源
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000520-san-pol

 選挙前になり、各党のマニフェストの中身が見え始めてきました。

 管理人が参加している、「反貧困ネットワーク」でも政策要求のイベントを行ないます。
「子どもの貧困」「教育問題」に関しては、特に後期高等教育に関しては
新聞奨学生について密接な係わり合いがあります。

 財源論も見据えながら、どの党の政策が有効なものなのか
よく見極めて投票したいものです。

*****下記イベント告知*****

反貧困全国キャンペーン2009スタート企画
選挙目前!!私たちが望むこと

日時:2009年7月31日(金)18:30開場 19:00開会(21:00閉会)
場所:総評会館203号室(定員300名)
   JR御茶ノ水駅聖橋口改札より徒歩5分、メトロ千代田線新御茶ノ水駅B3出口徒歩0分
   地図⇒http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html
参加費:無料(会場カンパを予定しています。ご協力いただける方は、よろしくお願いします)
主催:反貧困ネットワーク
チラシはこちら⇒http://d.hatena.ne.jp/hanhinkon/20090731/1246379504


小泉・郵政選挙から4年。
私たちはこれから、どういう日本を選択するのか?

2005年の小泉・郵政選挙以来の衆議院選挙がやってきました。あのときは、自民党が圧倒的な勝利をおさめて296議席を獲得。「弱肉強食」の新自由主義政策が、反対意見を軽視して、一方的に進められる政治を生み出してしまいました。

戦後最長の好景気から「100年に1度」の大不況へと、景気が悪化しただけではありません。年収300万未満世帯が増え続け、派遣労働が広がり、「ネットカフェ難民」が生まれ、派遣切り・非正規切りが起き、病院たらいまわしによる死亡事件が起き、自殺者は相変わらず異常な数で、餓死事件まで発生しました。

この4年を、もう一度、噛みしめてみませんか? そして数年間で唯一、私たちではなく議員(立候補者)が頭を下げるこの時期に、私たちの一票を生かしませんか?

選挙が終われば、私たちはまた「タダの人」扱いされます。あとで嘆いても、次の選挙時期を決められるのは、私たちではありません。

数少ないこのチャンスに、私たちの望みを堂々とぶつけていきませんか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。