スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの貧困白書

 明石書店から「子どもの貧困白書」という本がでました。
多岐にわたるジャンルのケースワーカーや当事者、学者の方などが執筆されています。
管理人も新聞奨学生の相談を受けた経験などを2項ほど書かせていただきました。
もし、書店で見かけたらお手にとってお読みください。

 感想などいただけると幸いです。

子どもの貧困白書子どもの貧困白書
(2009/08/26)
湯澤 直美、

商品詳細を見る


子どもの貧困白書編集委員会[編]

B5判/並製/360頁
◎本体価格2800円
現代日本の子どもの貧困の実態をデータと事例で明らかにする初めての白書。病院・保育園・学校・乳児院・児童相談所・福祉事務所・母子生活支援施設等子どもを援助する広いネットワークから生まれた本。子どもに関わる人・子育て政策を担う行政担当者必携。

湯澤 直美 (編集), 中西 新太郎 (編集), 浅井 春夫 (編集), 平湯 真人 (編集), 阿部 彩 (編集), 松本 伊智朗 (編集), 岩川 直樹 (編集), 水島 宏明 (編集), 小西 祐馬 (編集), 山野 良一 (編集)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。