母子加算復活集会へ

 昨日は管理人が個人加盟している反貧困ネットワークも主催者として参加している
参議院議員会館で行なわれた早期の母子加算復活を求める集会へお手伝いに行ってきました。
新聞奨学生の問題と母子加算の問題は直接的には関係ないのですが
政権交代後の国会の動向をうかがうよい機会だと考えました。

 管理人は一昨日スタッフとして参加することが決まったので
あまりこの集会のことはよく知らないのですが
集会が行なわれることが決まったのはつい最近だそうで
にもかかわらず主催者側の予想を超えた170人を超える来客で
各新聞社やテレビ局などのマスメディア大勢集まり、
20名近い議員の方が来ておられました。

院内集会

 あまりの参加者の多さに時間が足りず
議員発言もほとんどしてもらえなかったのですが
民主党新人の福田衣里子議員の発言には圧倒されました。

福田議員


テレビなどでもよく言われることですが
やはり政治被害に遭った当事者ということで説得力があるのでしょう。

 新聞奨学生も直接的ではありませんが政治被害であると言えなくもありません。
過去、19808197年の3度にわたって国会質問が行なわれており
労働省や政府委員の調査などが入っているにもかかわらず
21世紀に入った現在もまだ改善されていません。

 一方で新聞社の業界団体である日本新聞協会のイベントを
厚生労働省と文部科学省が後援をし、
日本新聞販売協会の政治団体である日販協政治連盟から
多くの議員が推薦を受けています。

新聞配達の日

 新聞奨学生も政治被害の当事者であるとすれば
発言には福田議員にも負けない力を持っているはずです。
管理人の仕事は自身を含めた新聞奨学生制度の被害者が
社会や政治家に向かって発言できる場を設定し、改善に繋げることだと考えています。
ですので、被害にあわれた新聞奨学生の方は勇気を持って一緒に声を国政に届けましょう。

 声をあげれば必ずかわるのです。

9月17日22時33分配信 読売新聞から
母子加算、10月にも復活…長妻厚労相 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00001074-yom-pol
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント