スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は反貧困ネットワークの全体会議です。
明後日行なわれるイベントの最終確認をおこなっています。

 湯浅さんが国家戦略室参与に就任したこともあり
社会的な注目も集めるでしょう。

 お時間の許す方、ぜひお越しください。

**********

日時:2009年10月17日(土)13:00~15:30 (雨天決行・入場無料)
場所:芝公園4号地(東京都港区)
   東京タワーの下です。
   都営三田線「御成門駅」A1出口すぐ。都営浅草線・大江戸線「大門駅」A6出口徒歩6分。
   東京メトロ日比谷線「神谷町駅」3番出口徒歩7分。JR山手線「浜松町駅」徒歩12分。
新政権発足から1ヶ月。日本はこれから本当によくなるのか?
期待と不安が渦巻いています。
新政権からは、すでに母子加算の早期復活、障害者自立支援法・後期高齢者医療制度の
廃止が打ち出されています。その流れを私たちは歓迎しつつ、その時期や内容については
たくさんの心配もあります。労働者派遣法の抜本改正はどうなるのか?
人々の生活は本当に立て直されるのか? 新政権はちゃんとやってくれるのか?
それは、私たちの行動にかかっているのだと思います。去年に引き続き、
世界反貧困デーに合わせて「反貧困世直し大集会」を行います。ご参集ください。

スペシャルゲスト
加藤登紀子さん(歌手)
ギュスターブ・アッサーさん(ソーシャル・ウォッチ・ベナン)

内容
母子加算・派遣法・障害者自立支援法・後期高齢者医療制度…注目される各分野からの当事者発言
各政党政治家から
世界の貧困と日本の貧困…日本の貧困削減目標作成の呼びかけ
新政権に贈る集会宣言
貧困をなくすための意思表示「スタンドアップ」…みんなで反貧困メッセージをつくろう!
アフリカNGO活動家から日本の貧困問題へのメッセージ

「セーフティーネット・クライシス vol.3 しのびよる貧困 子どもを救えるか」

<貧困率>政府として調査する方針固める 長妻厚生労働相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000002-mai-pol

 昨日のNHK「セーフティーネット・クライシス vol.3 しのびよる貧困 子どもを救えるか」で
厚生労働省政務次官の山井和則政務官が貧困率調査に乗り出すことを明言しました。

 今日の新聞記事を見るとどうやら子どもだけでなく国民全体が対象であるようです。
管理人も個人加入している反貧困ネットワークやその事務局長である湯浅誠さんが
「貧困率の調査」については以前から強く訴えて来ました。

 これまで「実態調査」を行なうことは大村秀章元厚労副大臣ががんばってましたが
「貧困率」に踏み込んだ発言は今回が初めてではないでしょうか?

 新聞奨学生制度は販売店によっては「子どもの貧困」を狙い撃ちにした
「貧困ビジネス」の側面があります(もちろんそうではない良心的なお店も沢山あります)。
子どもの貧困を解消することが、新聞奨学生制度の改善や被害者の減少に繋がれば良いと思います。

東京メディフェス2009

 9月21日から22日に渋谷の東京ウィメンズプラザで行なわれた
独立系メディアや市民メディア関係者、メディア研究者やジャーナリストなどによる祭典、
「TOKYOメディフェス2009」の1日目と3日目に行ってきました。

 1日目は、「徹底討論!「貧困の報道」と「報道の貧困」」という
元新聞労連委員長の美浦克教さんがコーディネーターをされた分科会に参加しました。
 今話題の「フリーター漂流」という
ワーキングプアの取材を「される側」からみたメディアの様相を
描いた作品をみてからのディスカッションであったため
どちらかというとメディアリテラシーに関係するシンポジウムでした。

 その後、「POLOS」という多言語ネット放送局の説明を受けていると
その説明員の方がこの3月まで新聞奨学生だということで話がはずみました。

 3日目は「コミュニケーションとメディア政策を考える」として
「マスコミはなぜ『マスゴミ』とよばれるのか弁護士や
鳩山新政権で総務副大臣に就任された内藤正光参議院議員を迎えて
メディア政策についてディスカッションが行なわれました。
 発言のコーナーでは管理人は新聞社とテレビ局のクロスオーナーシップにより
マスメディア集中排除原則が機能不全に陥り、
18歳の過労死者が出ているにもかかわらず報道がなされないという現実と、
悲惨なメディアの末端の現場は厚生労働省だけでなく
総務省としても取り組むべきだということを内藤副大臣に訴えました。


ニュース・ワーカー2
http://d.hatena.ne.jp/news-worker/

TOKYOメディフェス2009
http://medifes.net/

POLOS on earth
http://www.polosonearth.com/

マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰するマスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する
(2008/04/25)
日隅 一雄

商品詳細を見る

母子加算復活集会へ

 昨日は管理人が個人加盟している反貧困ネットワークも主催者として参加している
参議院議員会館で行なわれた早期の母子加算復活を求める集会へお手伝いに行ってきました。
新聞奨学生の問題と母子加算の問題は直接的には関係ないのですが
政権交代後の国会の動向をうかがうよい機会だと考えました。

 管理人は一昨日スタッフとして参加することが決まったので
あまりこの集会のことはよく知らないのですが
集会が行なわれることが決まったのはつい最近だそうで
にもかかわらず主催者側の予想を超えた170人を超える来客で
各新聞社やテレビ局などのマスメディア大勢集まり、
20名近い議員の方が来ておられました。

院内集会

 あまりの参加者の多さに時間が足りず
議員発言もほとんどしてもらえなかったのですが
民主党新人の福田衣里子議員の発言には圧倒されました。

福田議員


テレビなどでもよく言われることですが
やはり政治被害に遭った当事者ということで説得力があるのでしょう。

 新聞奨学生も直接的ではありませんが政治被害であると言えなくもありません。
過去、19808197年の3度にわたって国会質問が行なわれており
労働省や政府委員の調査などが入っているにもかかわらず
21世紀に入った現在もまだ改善されていません。

 一方で新聞社の業界団体である日本新聞協会のイベントを
厚生労働省と文部科学省が後援をし、
日本新聞販売協会の政治団体である日販協政治連盟から
多くの議員が推薦を受けています。

新聞配達の日

 新聞奨学生も政治被害の当事者であるとすれば
発言には福田議員にも負けない力を持っているはずです。
管理人の仕事は自身を含めた新聞奨学生制度の被害者が
社会や政治家に向かって発言できる場を設定し、改善に繋げることだと考えています。
ですので、被害にあわれた新聞奨学生の方は勇気を持って一緒に声を国政に届けましょう。

 声をあげれば必ずかわるのです。

9月17日22時33分配信 読売新聞から
母子加算、10月にも復活…長妻厚労相 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00001074-yom-pol

POSSE奨学金ワーキングチーム

 9月15日はNPO法人POSSE奨学金ワーキングチームの学習会に参加してきました。
 海外の組織のデータを参照に諸先進国と日本の高等教育の学費や
奨学金への資金の力の入れ具合をデータで比較し、
日本の高等教育のアクセスしにくさを勉強しました。

 国の奨学金を借りることが難しくなれば、
自然と新聞奨学生制度などの民間の奨学金制度に進学希望者は目が向きます。
しかし、他に選択肢がなくなった状態で新聞奨学生をおこなうことは危険を感じます。

 国の奨学金制度を充実させることが、新聞奨学生制度を改善させる、
と言う考え方もできるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。